Anonim

皮膚科と美学

皮膚科と美学

STD(性感染症)

性感染症とは何ですか
  • 性感染症とは
    • 淋病
    • 非gon菌性尿道炎
    • 性器トリコモナス症
    • 梅毒
    • 性器ヘルペス
    • 性器コンジローマ症(性器いぼ)
  • 予防

性感染症とは

性交によって感染する病気は、性病の名前で何百年も知られています(古代ギリシャでは金星は愛の女神でした)が、最近では(20世紀の90年代から)この表現が置き換えられました、少なくとも専門的な医学用語では、性感染症(または感染症)(STD)のより正確なものから。

また、新しい用語は態度の変化を表しています。これは、過去には問題の病気が一般に「mer兵」関係の間に発症したものでしたが、20世紀の最後の数十年間に性的習慣の変化のおかげで広がりました人口の他の地域およびセグメント:特に、この現象は、複数のパートナーの存在、時折パートナーとの性的活動、保護システムの不適切な使用、薬物中毒などの高リスク行動のより大きな拡散に由来します; 用語の変化は、新しい病態(HIV、トラコーマクラミジアまたは膣トリコモナス感染症、肛門性器ヘルペス、肛門性器コンジローマ症など)の出現にも由来し、これらはすでに知られているもの(梅毒、go病、カルチノイド、in径肉芽腫)に追加されていますおよび性腺リンパ肉芽腫)。

人間の生体は解剖学的機能単位に分けることができます:男性では、例えば尿道、付属腺、前立腺、精嚢、精管、精巣上体および精巣が単位を構成し、 、女性では、外陰部と膣のある尿道、さまざまな付属腺、子宮、管、卵巣です。

この下位区分から、1つの部分に存在する感染症はその後拡大する可能性があり、したがって、最初の場合は尿道(尿道炎)から最も内側の臓器(前立腺炎または精巣上体炎)に移り、2番目に尿道から伝染するか、チューブ、卵巣、時には泌尿生殖器系全体に及ぶ膣(尿道炎または膣炎)。 別の結果は、いくつかのSTDが複雑な傷害、生殖器系構造の機能障害または不妊の状況を引き起こす可能性があるという事実です。 単一の性感染症の症状と重症度は、病原体(細菌、ウイルス、原生動物、寄生虫)によって異なります。 いくつかの病気には長い潜伏期間があり(HIV、パピローマウイルスなど)、他の病気は数日で現れます((病など)。 単純な病気を引き起こすものや、限られた身体的問題(例:シラミ症)、局所的にしか作用しないもの、最終的には人の健康と幸福(梅毒、エイズなど)の全般的な状態に問題を引き起こすものがあります。

実際の性交に加えて、下着、歯ブラシ、個人衛生用品を他の人と共有するなどの間接的な方法でも伝染が起こります。 いずれにせよ、STDの予防には、個人、一般、泌尿生殖器の正しい衛生管理が不可欠です。

主な病気

性感染

メニューに戻る


淋病

iss菌により誘発され、潜伏期間は3-10日であり、主に尿道炎として現れ、尿道口から出る膿性分泌物は、燃焼と排尿刺激に関連しています。 男性では、尿道口に向かって動きを伴う陰茎の「圧迫」により、分泌物が外に逃げることがあり、場合によっては不足または欠乏することがあります。 go病に冒された人の約半数の性的パートナーが感染症にかかり、感染を妨げずに感染を維持できます(無症候性感染症)。

治療は抗生物質に依存しています。 特に後期に治療または診断されない場合、病気は残りの泌尿生殖器系にまで及ぶ可能性があり、結果として瘢痕が生じる可能性があり、その結果、いくつかの管状構造(卵管、尿道、輸精管など)が狭くなり、個人とカップルの生殖能力に関する否定的な推論を伴う。

まれに、深刻な結果を伴う感染の拡散が可能です。

メニューに戻る


非gon菌性尿道炎

主な病因は、クラミジア・トラコマティス、マイコプラズマ・ゲニタリウム、およびウレアプラズマ・ウレアリティカムです。 潜伏期間は1〜5週間で、症状は控えめな形(排尿時の軽度の火傷)から、より顕著な乱れと激しい排尿火傷、会陰、精巣痛、下腹部などを伴う他のものまでさまざまです。 尿道分泌物は、常に存在するとは限りませんが、通常は控えめです。

治療せずに放置すると、感染は他の身体構造に影響を及ぼし、身体的および機能的な結果(不妊症)を伴う慢性になる可能性がありますが、適切な治療により治癒が保証されます。 細菌が広がると、女性では、生殖器系と腹膜がいわゆる骨盤内炎症性疾患を決定し、身体的症状(mal怠感、痛み、発熱など)と機能(特に不妊症と子宮外妊娠)の原因となります。

メニューに戻る


性器トリコモナス症

原因物質は膣トリコモナスです。 最も頻度の高いSTDの中で、それは膣炎および尿道炎として現れ、前立腺炎および精巣上体炎としてはあまり現れません。 妊婦では、早産を引き起こす可能性があります。

メニューに戻る


梅毒

原因物質は梅毒トレポネーマです。 潜伏期間は2〜4週間です。 初期段階(原発性梅毒)では、小さな赤みがかった領域(陰茎亀頭、包皮、陰嚢、外陰部、大陰唇、舌、直腸、唇、恥骨上領域など)に現れ、最初に丘疹になり、その後破裂します潰瘍、硬くて痛みがない。 治療は抗生物質の使用に基づいています。 感染症が治療されなかったり、診断が遅れると、中枢神経系を含む他の臓器(二次および三次梅毒)に進展し、深刻な結果をもたらす可能性があります。 母親は妊娠中に梅毒を胎児に感染させる可能性があり、その結果、子供に先天性梅毒が生じます。

メニューに戻る


性器ヘルペス

それはDNAウイルス、単純ヘルペスによって決定され、生殖器および肛門周囲領域(肛門周囲の領域)の赤みを帯びた基部に小胞のグループが出現する原因となります。 burning熱感、痛み、腺の腫れ、発熱、全身f怠感が起こることがあります。 最初の感染は、再発または再感染と比較してますます重篤な症状を呈します。 治療は抗ウイルス薬で行われます。

メニューに戻る


性器コンジローマ症(性器いぼ)

原因物質はヒトパピローマウイルス(HPV)であり、いくつかのタイプがあります。 潜伏期間は数週間から数ヶ月までさまざまです。 いくつかのタイプのウイルスは、陰部、陰嚢、尿道、外陰部、膣、子宮頸部、肛門周囲領域などの性器領域のさまざまな部分に小さな「紋」に似たレリーフの外観を引き起こしますが、他の場合には病変平らです。 症候学は病変部位に関連しており、burning熱する排尿、痛み、分泌物などで構成されます。 HPV感染症は、性器のコンジローマ症を超えて、女性の子宮頸癌を引き起こすことがあるため、臨床的観点から特に重要です。したがって、このウイルスに関連する予防も腫瘍学的観点から重要です。 ほとんどのHPV感染症は無症状で、診断も治療もされていません。

メニューに戻る