Anonim

応急処置

応急処置

応急処置の実践ガイド

気道開放制御人工呼吸口呼吸鼻呼吸心臓マッサージ換気と心臓マッサージの組み合わせキノコ中毒変質または感染した食物による中毒有毒物質の摂取による中毒ガス中毒外出血内出血単純な傷深刻な傷胸部の傷腹部の傷顔の傷包帯の作り方異物傷の包帯手足の骨折柱の骨折頭部外傷急性けいれん熱射病火傷重度の火傷軽度の火傷苛性熱傷低体温凍結感電気道内の異物耳内の異物耳痛眼内の異物目の怪我ヘビに刺された他の動物に刺された虫刺され蘇生操作人工呼吸心臓マッサージ意識喪失Convu 窒息
  • 気道開放制御
  • 人工呼吸
  • 口から口への呼吸
  • 口鼻呼吸
  • 心臓マッサージ
  • 換気と心臓マッサージの組み合わせ
  • きのこ中毒
  • 変更または感染した食品による中毒
  • 有毒物質の摂取による中毒
  • ガス中毒
  • 外出血
  • 内出血
  • 単純な傷とかすり傷
  • 重傷
  • 胸の傷
  • 腹部の傷
  • 顔に傷
  • 包帯の作り方
  • 異物による傷の包帯
  • 手足の骨折
  • コラム骨折
  • 頭部外傷
  • 急性痙攣
  • 熱中症
  • バーンズ
  • 重度の火傷
  • 軽度の火傷
  • 苛性苛性火傷
  • 低体温
  • 子供の低体温
  • 冷凍
  • 感電
  • 気道内の異物
  • 耳の中の異物
  • otorrhagia
  • 目の異物
  • 目への傷害
  • ヘビに刺され
  • 他の動物の咬傷
  • 虫刺され
  • 蘇生法
  • 人工呼吸
  • 心臓マッサージ
  • 意識喪失
  • 痙攣
  • 息苦しいです

気道開放制御

  1. 口や喉から障害物を取り除きます(図1)。 com睡状態の人では、通常の咳反射および嚥下が欠如しているために除去されない血液または嘔吐物質によって気道が塞がれる場合があります。 可動式義歯は障害物であるため、排除する必要があります。 一方、固定式補綴物は、呼吸中に口の輪郭を支えるのに役立ちます。
  2. 犠牲者を仰向けに置き、頭、首、胸を合わせます(図2)。 次に、一方の手を首の下に、もう一方の手を額に当てて頭を伸ばし、首を持ち上げます(図3)。 この操作は、意識不明の人の気道閉塞を避けるために重要です。この状態では、実際、舌の付け根は咽頭の後壁に載る傾向があり(首の筋肉が弛緩するため)、内部の空気の流れ。 頭の過伸展は、首の前部の緊張を可能にし、舌の根元の落下を防ぎ、唇の開口を引き起こします。 口の開きが十分でない場合は、うなじの下にあった手を持って顎を上げ、上向きの牽引力を発揮する必要があります。
  3. 犠牲者の頭を過伸展状態に保ち、顎を前方に動かして口を開きます(図4)。
  4. 人工呼吸を開始します。 3〜5回の急速な送気を行うことにより、脈拍が存在することを確認し、大人では5秒ごと、子供では3秒ごとに1回の送気の割合で進みます。 脈拍がない場合は、心臓マッサージを行う準備をしてください。

メニューに戻る