Anonim

応急処置

応急処置

応急処置の実践ガイド

気道開放制御人工呼吸口呼吸鼻呼吸心臓マッサージ換気と心臓マッサージの組み合わせキノコ中毒変質または感染した食物による中毒有毒物質の摂取による中毒ガス中毒外出血内出血単純な傷深刻な傷胸部の傷腹部の傷顔の傷包帯の作り方異物傷の包帯手足の骨折柱の骨折頭部外傷急性けいれん熱射病火傷重度の火傷軽度の火傷苛性熱傷低体温凍結感電気道内の異物耳内の異物耳痛眼内の異物目の怪我ヘビに刺された他の動物に刺された虫刺され蘇生操作人工呼吸心臓マッサージ意識喪失Convu 窒息
  • 気道開放制御
  • 人工呼吸
  • 口から口への呼吸
  • 口鼻呼吸
  • 心臓マッサージ
  • 換気と心臓マッサージの組み合わせ
  • きのこ中毒
  • 変更または感染した食品による中毒
  • 有毒物質の摂取による中毒
  • ガス中毒
  • 外出血
  • 内出血
  • 単純な傷とかすり傷
  • 重傷
  • 胸の傷
  • 腹部の傷
  • 顔に傷
  • 包帯の作り方
  • 異物による傷の包帯
  • 手足の骨折
  • コラム骨折
  • 頭部外傷
  • 急性痙攣
  • 熱中症
  • バーンズ
  • 重度の火傷
  • 軽度の火傷
  • 苛性苛性火傷
  • 低体温
  • 子供の低体温
  • 冷凍
  • 感電
  • 気道内の異物
  • 耳の中の異物
  • otorrhagia
  • 目の異物
  • 目への傷害
  • ヘビに刺され
  • 他の動物の咬傷
  • 虫刺され
  • 蘇生法
  • 人工呼吸
  • 心臓マッサージ
  • 意識喪失
  • 痙攣
  • 息苦しいです

緊急事態では、適切かつタイムリーな介入が個人の生存に不可欠である可能性があり、逆も同様です。誤った救助活動は、その後の治療の肯定的な結果を損なう可能性があります。 したがって、地域社会における応急処置の基本概念のより大きな普及が多くの人命の救いを可能にすることは疑いの余地はありません。

この章と以降のページでは、救助者と予期しない状況で病気や怪我をしている人を支援する基本的なルールをまとめて説明しています。 これらの規則の主な目的は、応急処置介入の際に、一方では負傷者を生かし続け、医療援助を待ってその状態を制御し、他方では致命的となる可能性のあるエラーを回避することです。 。 まず、いくつかの基本的な心肺蘇生法を扱います。

この章は、必要でないときに読むことをお勧めします。 緊急事態で完全に準備ができてしまわないように、実践的な演習とシミュレーションで演習を試みることができることも非常に重要です。

誰もが常に念頭に置くべき行動の一般的なルールを以下に示します。

  1. 落ち着いて迅速に行動する。
  2. 混雑と混乱を避けます。 負傷者に快適さを与えます。
  3. できるだけ早く救急車をリクエストしてください。
  4. チェック:
  • 被害者が意識している場合。 彼が意識していないが、呼吸している場合、その人を安全な位置に置く。 きつい服、ベルト、ネクタイを緩めます。
  • 彼が呼吸すれば。 呼吸していない場合は、口から障害物を取り除いてください。 気道を開いたままにします。 4〜5回の急速な通気で人工呼吸を開始します。
  • 頸動脈の脈拍を感じる場合。 心臓が鼓動しない場合、または頸動脈の脈拍が感じられない場合は、外部心臓マッサージを開始し、人工呼吸に関連付けます。 心臓マッサージは、人工呼吸の後に必ず開始する必要があります。非酸素化した心臓は再び鼓動し始めません。 救助者が1人だけの場合、15回の胸骨圧迫(1分間に80回の割合で)と2回の急速な肺通気を交互に行う必要があります。 2人の救助者がいる場合、5回の胸骨圧迫ごとに1回の急速な肺通気を実行する必要があります(1分あたり60の速度)。 心臓マッサージと人工呼吸は、脈拍と自発呼吸が再び現れるまで中断することなく続けなければなりません。 その時点で、被害者は安全な位置に置かれなければなりません。
  • 負傷者が重傷を負った場合。 重傷を負っている場合は、出血の有無を確認し、ショック対策を講じてください。
  • 脊椎骨折がある場合。 脊椎骨折が疑われる場合は、何らかの理由で人を動かさないでください。 体、胴体、頭を一直線に保ちます。
  1. 寒さを避けるために、負傷者を覆います(ただし、過度に)。
  • 負傷者を動かさないでください(命を救うため、または他の危険を回避するためにこれが不可欠な場合を除く)。
  • 頭や首を急に曲げないでください。
  • 彼にアルコールを与えないでください。
  • 病院で治療を受ける場合は、飲み物や食事を与えないでください。
  • 彼女が意識を失っている場合、彼女を一人にしないでください。

交通事故などの緊急事態では、最初にすべきことは、負傷者が意識があるかどうか、呼吸しているかどうかを確認することです。 耳を唇に近づけます。雑音が聞こえない場合は、吐き出された空気によって曇る鏡または時計ガラスを近づけます。

その人が意識がなく、呼吸をしていない場合は、3つの段階を含む手順で、重要な機能をすぐにサポートする必要があります。

  1. 気道の開口部を制御し、障害物を排除します。
  2. 酸素を与えるための人工呼吸;
  3. 脳への血流を回復するための心臓マッサージ(図1)。

メニューに戻る

気道開放制御

  1. 口や喉から障害物を取り除きます(図1)。 com睡状態の人では、通常の咳反射および嚥下が欠如しているために除去されない血液または嘔吐物質によって気道が塞がれる場合があります。 可動式義歯は障害物であるため、排除する必要があります。 一方、固定式補綴物は、呼吸中に口の輪郭を支えるのに役立ちます。
  2. 犠牲者を仰向けに置き、頭、首、胸を合わせます(図2)。 次に、一方の手を首の下に、もう一方の手を額に当てて頭を伸ばし、首を持ち上げます(図3)。 この操作は、意識不明の人の気道閉塞を避けるために重要です。この状態では、実際、舌の付け根は咽頭の後壁に載る傾向があり(首の筋肉が弛緩するため)、内部の空気の流れ。 頭の過伸展は、首の前部の緊張を可能にし、舌の根元の落下を防ぎ、唇の開口を引き起こします。 口の開きが十分でない場合は、うなじの下にあった手を持って顎を上げ、上向きの牽引力を発揮する必要があります。
  3. 犠牲者の頭を過伸展状態に保ち、顎を前方に動かして口を開きます(図4)。
  4. 人工呼吸を開始します。 3〜5回の急速な送気を行うことにより、脈拍が存在することを確認し、大人では5秒ごと、子供では3秒ごとに1回の送気の割合で進みます。 脈拍がない場合は、心臓マッサージを行う準備をしてください。

メニューに戻る